ここではwimaxのプロバイダを明確な根拠を持ってランキング化しています。

現在あるプロバイダは20社前後ありますが、しっかりと全てを比較した上で厳選しています。

 

とはいっても、その全てを表にして数字をきっちりと載せてしまうとかえって分かりにくくなってしまうと考えました。

 

なので、このサイトでは管理人がしっかりと全てを比較した上で、

 

・料金が安いなどの何かしらの特徴を持っていない
・知名度がなく、名前も知れ渡っていない

 

このどちらかすら満たさない会社に関しては表にも載せておりません。

 

わざわざメリットのない会社を載せてても見にくくなるだけですし、意味もないと考えたからです。またメリットがなくても皆さんが聞き馴染みがあって比較の参考になる会社に関しては載せております。

 

このような考えのもとwimaxのプロバイダの選ぶポイントを最初に説明し、そして厳選したプロバイダを紹介という流れをとっています。

この記事を読み終わる頃にはあなたがwimaxのプロバイダを迷いなく選べるようになっていることと思います。

始めに知っておくべきwimaxのプロバイダ選びの大前提!

前提としてサービスは全く同じなので、速度や使えるエリアなども変わらないということを理解しておいて下さい。

 

ではどこに差が出るかというと、それは

 

料金プラン

 

です。

 

ようはプロバイダごとで違うのは「いかにお得に契約できるか?」というところだけなのです。

こう考えると凄くシンプルではないでしょうか?

 

とはいっても、一見安く見えても実は気づかない間に数万円もの損をさせられてしまうことだってあります。

 

そうならないためにも、この記事では、プロバイダを選ぶ上で絶対外せない3つのポイントを最初に理解してもらった上で、おすすめのプロバイダを紹介しています。

 

良くあるただ商品をランキングにして並べたような似たり寄ったりなサイトとは違い、しっかりと根拠を明示した上でランキングにしています。

 

一つ一つ理解して読み進めていくことで必ずあなたに合ったプロバイダ選びが出来るようになります。

 

wimaxのプロバイダ選びで重要な3つのポイント

プロバイダ選びで重要な3つのポイントは

 

・3年プランは契約するな!

・特典に騙されるな

・キャッシュバックか月額料金か?

 

です。

 

1つ1つ説明します。

 

1、3年プランは契約するな!

2017年、2018年になり本来2年縛りだったwimaxに3年縛りのプランが出てきました。

 

3年使ってもらう前提だからこそ、一見安く見えるようなプランになってはいるのですが、もちろんメリットはありません。

 

それなら2年ごとに解約して他に乗り換えている方がメリットは大きいです。

 

というのも、wimaxはどこも端末が無料なので、わざわざ3年間も電池が劣化したものを使い続けることにメリットがないからです。

 

それに、2年ごとで新しいプロバイダに契約した方がキャッシュバックや月額割引などをしっかり受けられるので料金的にもお得です。

 

なので、一見お得に見える3年プランに釣られずに、迷わず2年プランで契約しましょう。

2、特典に騙されるな!

プロバイダの中には、「パソコンとお得にセット購入出来ますよ〜」などタブレットやパソコンと一緒に買えるキャンペーンをやっています。

 

一見お得に見えるプランですが、どれもお得にはならずむしろ損します。

 

というのも、アマゾンや価格ドットコムで調べてもらえればわかりますが、普通に買うよりも割高になっていることがほとんどだからです。

 

例を出すとbroad wimaxでHUAWEIのMedia Pad T37が頭金なしに貰える特典をやっていますが、月額800円の24か月分(19,200円)がかかります。

 

でも価格ドットコムで調べると大体どこでも11,000円程度で買えることがわかります。

 

なので、こういった特典に目がくらんで契約してしまうのはもったいないのでやめましょう!

3、キャッシュバックか月額料金か?

最初に言ったように、プロバイダはどこも料金や速度、エリアに変わりはありません。

 

なので違うのはとにかく料金プラン。

 

WIMAXの場合、

 

・月額料金
・キャッシュバック

 

この2つさえ比較すればどこがお得かわかってきます。
(キャッシュバックというのは契約期間中に手続きを踏むことで貰えるお金のことです。)

 

このサイトでは、月額料金やキャッシュバック額から計算して2年間に払わなければいけない実質負担額を元に比較しました。

 

ただそれだけで順位を決めませんでした。

 

というのも、キャッシュバックが貰えないリスクも考慮する必要があるからです!!

 

実際キャッシュバックというのは貰えるのが大体契約してから1年後、そして勝手に口座に振り込まれたりせず、自ら手続きが必要です。

 

「そんなの失敗しないよ〜」と思うかもしれませんが、半分ぐらいの人が失敗しているという声も耳にします。

 

なので、ここではキャッシュバック額が大きく、ただ2年間の実質負担額が安いというだけでなく、確実に月々の負担額が安くなる会社というのも評価してランキングに反映しています。

 

次のところでも詳しく書いていますがそれを踏まえた上でランキングからお選び下さい。

WIMAXおすすめのプロバイダをランキング化しました

 

    1. GMO WIMAX(月額割引特典)

      月額3,344円(最初の2か月は2,590円)で使える最も月額が安く使えるのがGMO WIMAX。

      キャッシュバックはないが、リスクなく確実に2年間の負担額が少なくすまさられるところを評価して1位にしました。

      キャッシュバックの場合、半分程度が受け取りの手続きに失敗しているという声もありますし受け取りが1年後と先になるので、それなら月々の支払いが少ない方が良いのでは?という考えのもとです。

      確実に安く、そして毎月の負担が少ない状態でWIMAXを使いたいという人向けのプロバイダです。

    1. GMO WIMAX(キャッシュバック特典)

      あれまたGMO??と思われたかもしれませんが実はGMO WIMAXは月額料金を大きく下げた特典と、キャッシュバック額を大きくした特典の2つがあります。

      こちらのキャッシュバック特典は、他のプロバイダの中でも最もキャッシュバック額が大きく、そして2年間の実質負担額も一番安くなるプランです。(もちろん1位の月額割引プランも含めてです。)

      ただ、さっきも話したようにキャッシュバックの手続きを忘れてしまう人が多くいて、リスクを考慮してこの順位にしました。

      とにかく一番安く使えるところを選びたい、キャッシュバック手続きは絶対失敗しないという自信がある人向けです。
      下のページでキャッシュバック方法などは詳しく書いてますので一度確認して下さい。

    1. BIG LOBE WIMAX

      口座振替が出来るプロバイダの中では最もお得に契約出来るのがこのBIGLOBE WIMAXです。

      ただ、クレジットカードがある人からすれば特別、月額料金が安かったり、2年間の負担額が安いということもないので、メリットがない会社です。(1位と2位のGMOの方が圧倒的に安いです)

      なのであくまでクレジットカードを持ってない人が選ぶべきプロバイダです。口座振替でも出来るだけお得に契約したい人向けです。

wimaxプロバイダの比較一覧表

最初に話したように、他よりも優れた特徴もなく、名前も有名でない会社は表から省きました。

 

2年間の実質負担額が安い順番に並べています。

 

 月額基本料金  キャッシュバック  2年間の実質負担額  支払い方法
 GMO(キャッシュバック)  4,263円  32,000円  69,004円  クレカのみ
 3WIMAX  4,130円  28,000円  69,850円  クレカのみ
DTI WIMAX 4,300円  30,000円 71,600円  クレカのみ
 BIGLOBE WIMAX  3,880円  15,000円  75,550円  口座振替あり(その場合キャッシュバックはなし)
 カシモWIMAX  3,380円  なし  77,120円 クレカのみ
 sonet wimax  3,480円  なし  78,120円  クレカのみ
 GMO(月額割引)  3,344円  なし  78,748円  クレカのみ
broad wimax 3,411円  なし  80,494円  口座振替も出来るが割高になる
 ペパボ wimax  3,609円  なし  86,616円  クレカのみ
 @nifty wimax  4,350円  なし  103,040円  口座振替あり
 UQ wimax  4,380円  なし 103,752円  口座振替あり
 yamada air mobile wimax(ヤマダ電気)  4,380円  なし  103,752円  クレカのみ
 エディオンwimax  4,380円  なし  103,752円  クレカのみ
bic wimax(ビックカメラ)  4,380円 なし  105,120円  クレカのみ

 

この表を見てもらいながら、さっきのランキングの根拠をお伝えしていきます。

表から見るベスト3のランキングの根拠

 

まず2年間の実質負担額が一番少ないのはGMOのキャッシュバック特典プランです。

 

僕のランキングでは2位にしています。それはさっきも言ったようにキャッシュバックの手続きを半分ぐらいが忘れてしまうと言われているからです。

 

その理由として、

 

・手続きの案内メールが11か月後にくるので忘れる

・普段使わないメールアドレスに来るので見逃しがち

・申請期間が1か月程度なので見逃すと貰えない

 

といったことがあります。

 

なので1位には表でわかる最も月額料金が安いGMOの月額割引プランを置いてます。キャッシュバックがない代わりに月額を安くしているので確実に安くなるからですね。

 

でも鋭い人は、GMOの月額割引プランの二つ上のカシモWIMAXと一つ上のsonet wimaxも月額がほとんど変わらないのに2年間の実質負担額が安くなるからそっちの方がお得では?と思ったかもしれませんね。

 

確かにそれも一理あるんですが、これには理由があります。

 

まずカシモwimaxは端末が新古品と呼ばれる端末が使われています。

新古品とは?

メーカーや販売店がつぶれるなどした際に存在した在庫がリサイクルショップなどで販売される場合、開封・使用されていないと言う点で中古品と、一度店頭に並ぶなどしたと言う点で新品と区別される目的でこう呼ばれる。

引用元:新古品とは – はてなキーワード

いくら開封、使用されていないといってもどのような扱いをされていたかわからないので、不具合などが心配ですよね。

 

2年間で1,000円程度しか変わらないので、わざわざそういった心配のあるカシモwimaxを選ばなくても良いのかな?と考えた結果です。

 

またsonet wimaxに関しては、2年プランで選べる端末が現状wx03しかないことが理由です。w04やw05と比較しても古い端末になるので、性能に差が出てきます。

 

どうせ無料で端末を選べるなら最新機種を選べるGMOが明らかにお得だと思います。

 

また3位にしたBIG LOBE WIMAXはクレカが使えない口座振替でWIMAXを使いたい人向けだと言いましたね。

 

上の表を見てもらうとわかるんですが、口座振替を使う場合キャッシュバックの15,000円が貰えません。。

 

でもそれでも他の口座振替を使えるUQ WIMAXや@nifty wimaxより月額はお得ですし、broad wimaxは口座振替にすると初期費用として18,857円が別にかかってしまうので割高になります。

 

なので口座振替で支払いたい場合は他よりも安い3位のBIG LOBE WIMAXを選んで間違いありません。

 

以上が表からわかるベスト3のランキングの根拠となります。

 

wimaxの料金プランを決める

wimaxのプロバイダを決めたら、次に料金プランを決めなければいけません。

 

wimaxのプランは、

 

・通常プラン

・ギガ放題プラン

 

の2つがありますが特別事情がない限りギガ放題プラン一択です。

 

通常プランはデータ使用が月間7GBまでのプランで、ギガ放題プランは月間無制限のプランです。

 

両者で月々600円程度しか変わりませんし、そもそもモバイルルーターを使う人は速度制限を気にせずデータを使いたい人だと思います。

 

なので、通常プランで満足できる人は少ないかと思います。

 

ただ一つ注意点はギガ放題プランでも3日で10GB以上使うと翌日の18時から2時頃だけですが速度制限を受けます。(それ以降に解除されます。)

 

また、速度制限を受けた状態でもギガ放題プランの場合はYOUTUBEなどの動画は問題なく見れる程度の速度は出るので、スマホの速度制限のような煩わしさはありません。

 

まとめ
・WIMAXはギガ放題プランを選んで間違いない
・月々600円程度しか変わらない
・ギガ放題プランは実質無制限で使えて、速度制限もゆるい

WIMAXの端末を選ぶ

WIMAXの端末はいくつかから選ぶことが出来ます。

 

でも迷わずに現状の最新機種であるW05を選んでおいて間違いありません。

 

というのも、旧機種のW04やWX03と比較しても、

 

・下りの最大708Mbpsと一番早い・AU 4G LTEに対応

・本体が細くて薄いので持ち運びしやすい

・上りの速度が2,5倍

 

といったメリットがあるからです。

 

この最新機種であるW05が選べるのはGMO WIMAXかUQ WIMAXだけになります。

 

他のプロバイダでもW05を選べるところはあるのですが、2年プランでなく3年プラン限定といった条件がついているところしかありません。

 

これを考えてもプロバイダで、GMO WIMAXを選ぶことのメリットは大きいです。

 

クレードルはいる?

大抵のプロバイダで契約時に端末と一緒にクレードルを購入することが出来ます。

ただ、端末は実質無料なのに対して、クレードルは3,000円程度とられます。

 

そもそもクレードルとは?

クレードルは置くだけで充電できるものです。また、無線LANに対応していないパソコンなどもクレードルを通して有線LANで接続することが出来ます。

 

といったようにクレードルはあれば便利なものではありますが、別にスマホと同じで直接差し込んで充電も出来ますし、クレードルがあるからといって通信速度が早くなる訳ではありません。

 

なので後から必要と感じればアマゾンなどでいくらでも購入できるので、このタイミングで焦って申し込まなくても大丈夫です。

 

値段が公式サイトからの方が安ければ別ですが、そうでもないので、クレードルに関しては後から購入を検討した方が無難だと思います。

 

まとめ

WIMAXのプロバイダ選びで重要なポイントと、おすすめランキング、比較、端末とプラン選びについて書いてきました。

 

おさらい
・3年プランは損する
・パソコンとセットなどの特典はお得でないことがほとんど
・キャッシュバックと月額料金を徹底的に比較するのが重要
・キャッシュバックは受け取りに失敗しやすいので月額割引が大きいところがおすすめ
・ギガ放題プランを選んで間違いない

 

ここまで書いたところさえ抑えておけば、あなたは間違いなくお得なWIMAXのプロバイダを選ぶことが出来ます。

 

納得した上で再度、このランキングから選んでみて下さい。