「501hwを使いたいけど無制限で使えるの?」

こんな疑問から使うのをためらっている人も多いかと思います。

 

ここではそんなポケットwifiの501hwの料金の特徴から疑問を解決しています。

 

501hwは無制限に使える?料金の特徴は?

PocketWiFi501hwはソフトバンクのデータ通信端末の中では最も早く通信することが可能となっており、バッテリーの容量も大きいことから人気を呼んでいますが契約できるプラン自体が毎月7GBまでしか通信できない4G/LTEデータし放題フラットのみとなっており、7GBを超えた場合1,000円の追加料金を払わなければ128kbpsという速度制限がかかります。

 

501hwの月額料金は3,696円というお得料金となっていますが、通信できるデータ量そのものが業界での平均値となっている7GBであることに加え、7GBを超えた場合はその都度1,000円の追加料金を支払わなければ128kbpsの速度制限を受けてしまうのはかなりのデメリットです。

 

さらに3日間の使用で1Gという制限もあり、高画質の動画を頻繁に視聴してしまうとたちまち多くのデータ量を消費してしまい、すぐに速度制限を受ける上限に達してしまうことが考えられます。

 

501hwのレンタルなら無制限もある?

501hwは基本的に無制限には使用できないPocketWiFiですが、レンタルには無制限使い放題サービスが存在するということが話題になっています。

 

近年の外国人旅行者の増加や東京オリンピックを見据えたサービスと言われていますが、訪日外国人向けのレンタルサービスと共に国内の一般向けとしても無制限で使い放題のPocketWiFiレンタルサービスが開始されています。貸し出し費用として日割り計算の料金がかかって来るのが基本ではありますが、長期契約によって1日あたりの使用量が格段に安くなるプランもあり、利用の仕方によっては借りて使うほうがお得感を味わうことが可能です。

 

何よりレンタルでの利用であれば501hwが無制限使い放題になるという大きな魅力があり、借りる際にかかる送料も無料となるキャンペーン期間が設けられており、気になる向きはその時期にレンタルでPocketWiFi501hwの使い勝手を検証するのも一つの方法です。

 

そもそもソフトバンクに無制限プランがない?

ソフトバンクでは「4G/LTEデータし放題フラット」という名称のサービスとなっているため当然データという印象を抱いてしまいますが、実際は容量無制限のプランはないと認識しておくべきです。

 

完全にデータ容量無制限で使い放題のPocketWiFiを求めている人にとっては、サービス名で飛びついてしまうと使い始めてすぐに落胆することにもなりかねません。特に動画を視聴してしまうとたちまち上限の7GBに達して128kbpsの速度制限を受けることになり1,000円の追加料金で悩むことになります。最近ではポータルサイト等でのちょっとした広告も急に動画で始まることもあり、思わぬ場面で要らぬデータ容量を使ってしまいがちなだけに無制限プランがないというのはネット閲覧を楽しみたいユーザーにとって痛いものがあります。

 

PocketWiFi501hwの利用に関しては実質・無制限使い放題サービスがあるレンタルでの利用を視野に入れるのも得策と言えます。