auを使っている人だとauのポケットwifiを使おうという人も多いですね。

 

でも「繋がらない・・・」と感じている人も。

 

いったいその原因は何なんでしょう?また対策法はあるのでしょうか?

 

ここで詳しく書いています。

 

auのポケットwifiが繋がらない!考えられる原因は?

ポケットwifiは直前まで難なくインターネットに接続でき使用可能であっても、突如として接続不可になり全てのウェブサイトにアクセスできなくなる事例があります。

 

インターネットに繋がらなくなってしまった時に原因として考えられる原因は大きく分けると2つあり、1つ目はユーザーが移動した事に伴いポケットwifiが電波をキャッチしている接続エリアが変更になってしまった事です。

 

特に自動車で移動していたり電車で移動している時に起こりやすく、比較的速い速度で移動しているが故にエリアの切り替えが円滑に行われず、切断されその後も再接続に失敗し続けているという事例です。

 

また、接続されている様子ではあるものの明らかに普段よりも回線速度が遅く、画像や動画を中心としてウェブサイトの内容が表示されるまで長い時間を要する時は、速度制限が適用されている可能性が高いです。

 

ポケットwifiはスマートフォンなどのプランよりも通信可能な容量が大きく設けられていますが、通信量が多すぎると速度制限が行われ遅くなるため計画的に使用する事が大切です。

 

auのポケットwifiが繋がらない時の対策法!

スマートフォンが受信する電波に頼る事無く通信が可能になる上に、単体ではインターネットに接続できないパソコンも屋外で場所を気にせずに利用する事ができるようになるのがポケットwifiの利点です。

 

しかし、通信が通常通りできなくなってしまうと全く意味を成さなくなるため、まず普段とは異なる変調が起こった時には様々な対策を施す前に、一度電源を切り入れ直すという再起動を施してみましょう。

 

ポケットwifiに限った話ではないのですが、デバイスというのは使い続けるうちにラグという蓄積物が溜まったり、設定同士が干渉し普段通り使えなくなる事例があります。

 

再起動をすれば溜まっているラグが解消されたり、干渉し合っている設定が元通りになるので取り分けて複雑な処理を施さなくても元通り使えるようになります。

 

また、電源のオンオフを繰り返しても相変わらず接続できない時は異なるデバイスやインターネット環境から、障害情報のウェブサイトにアクセスし該当する地域を閲覧しましょう。

 

wimaxのlteオプション無料プランがおすすめ

全国津々浦々に移動する機会が多い方や比較的山間部にて生活している方々の場合、wimax+2のエリアが対応していない場合があります。

 

そんな電波が繋がりにくいエリアでも電波が繋がりやすいのがlteです。

 

電波の強さが最大の強みであり、本来であれば圏外になってしまったり通信速度が大幅に落ちてしまう山間部や都市部の地下施設でも難なく接続できることが多いです。

 

そして、lteオプションが無料になるという魅力的なプランは今のwimaxで3年のプランに無料でつけられています。

 

縛り期間が2年から3年になっているプロバイダが増えていますが、その分、このlteオプションが無料でつきます。本来であれば月額にプラスして1,005円がかかるオプションなので損ばかりではないということです。

 

wimaxは大手キャリアではないものの、乗り換えに際して不安要素が無く実際に乗り換えた後にも不便を感じないのは、大手キャリアのauが整備し提供しているLTEの回線網を利用する事ができるためです。

 

つまり、電波は大手キャリアに契約している方々と同じものであるのに、支払う月々の料金は大幅に削減でき出費を小さくさせられます。