ギガモンスターといえばソフトバンクから出された大容量プランですが、

 

「それでも足りない・・・」

「どれくらい使えるのか?」

 

といった疑問を抱えている人も多いです。

 

ここでその答えについて詳しく書いています!!

 

ギガモンスターの20,30,50GBってどれくらい使えるの?

ギガモンスターは通常のパケットの容量では通信制限をすぐに迎えてしまう人のために大容量のパケット通信が利用可能なサービスとして登場しました。当初は20GBと30GBのサービスとなっていましたが、これでも通信制限を迎えてしまう人が増えていることから最近では50GBのサービスも登場しています。

 

50GBの場合には1ヵ月あたり約220時間の動画を視聴できる容量です。これを1日あたりに換算するとおおむね7時間程度の動画を見ることができる計算となっており、ヘビーユーザーにとっても通信制限にかかる可能性が非常に低いものとして注目されています。料金も20 GBや30GBに比べ割安となっており、非常に使いやすいものとなっているのが特徴です。

 

スムーズに通信ができるとさらに利用してしまうと言う人が多いため、当初は20GBや30GBでも十分なサービスと考えられていましたが実態ではさらに使用量が増える傾向があり、雲海のサービスは非常に期待されるものとなっています。

 

料金で言ってもWIMAXの方が得?

ギガモンスターは非常に大容量のバケット通信が行えるサービスとして注目されていますが、しかしそれでも50GBという容量の制限があるため、通信制限にかかってしまう恐れがある事は避けられません。そのため非常に多くのパケットを使用すると言う人にとっては、その容量が無制限であるWIMAXの方が利用しやすいと考える人も多くなっています。

 

WIMAXは通信制限がかからず毎月定額で使い放題と言う非常に便利なものとなっているのが特徴です。さらに料金もギガモンスターの50GBに比べ安く設定されているところが多く、条件が一致すればWIMAXの方がお得に利用できると言う結果となっています。

 

現状毎月の通信制限に悩まされていると言う人にとっては、ギガモンスターは非常に魅力的なものと感じる場合がありますが、条件が整えばWIMAXの方がお得になる可能性もあるため、十分に比較検討することが効果的に通信制限をなくして利用する秘訣です。

 

ギガモンスターかWIMAXか?

通信制限で悩んでいる人にとっては、ギガモンスターを選ぶかWIMAXを選ぶか悩んでいる人も少なくありません。基本的にギガモンスターはソフトバンクのスマートフォンに適用され使用している端末をそのままで利用できる点も大きなメリットとなっています。またソフトバンクが使用できるエリア全域で使用できるため、現場の利用環境に対してストレスなく使うことができる点も魅力です。

 

WIMAXは料金的には安くなる可能性があり、さらにギガモンスターのようなデータ容量の上限がないため快適に利用できるものですが、現場では利用できるエリアが一部地域に限られていると言う問題があります。

 

WIMAXが利用できる場合にはこれを利用するのが最も良いと考えられがちですが、使い方によっても環境に注意することが重要です。外出先で使用することが多い場合にはすべての外出先でWIMAXを利用することができるわけではないため、十分に自分の使用する環境をよく理解した上で選ぶことが重要となります。